投稿日:

久しぶりの火傷ロマンチック

家に帰る時、私はいつもおばあさんに行って、私はいつもおばあさんに行きます

おばあさんが一人でも古い家に住み、彼女と何度も引っ越しを言った家もある、お世話になって、いつもしたくない、自分を恐れない人まで老眼がぼんやりかすむ.

暖かい洋洋の冬の中で、私は四合院に座って、彼女のぶつくさ:

を聞いているでも、お医者さんは言うことができませんでした、医者は法医学、いつも何日突然失明して、どの老人はすべて失明後に亡くなった

心配している

心配している

心配している

は心配している

は2日前にすねにかわいがって、何で民間の処方に治った

足はいつも痺れるの、何が原因か分からない

お年寄りの家はいつもにぎやかで、バギーは毎日ある人を見て、彼女の話を聞いて、彼女は聞いたことを聞いて.年になって,癖もだんだん多くなり、とてもかわいがる

を見ていた.p>と<おばあさんに僕は言って一つ一つ後輩の事といえば、一つの従姉談を対象に、双方は可能とまあ,火傷、叔母満足しないで,おばあさんは勧めている叔母干渉しないで、以前はいつも人為的にしていることが寻死觅活

私の心の中でひそひそと

に笑う

p> <今この社会では、誰も寻死觅活の恋?

私たちはすべてとても理性的で、私達はすべて自分を大切にする、全身心の払うことはできない、ただ慎重に自分の手の平の

を守っている

寻死觅活の愛、それは久しぶりのロマンチックな

Pは、ますます感じていない感じ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です