投稿日:

交通事故に遭遇する時、火傷脱出方法が必要

交通事故が起きる時、転倒が3種類の情況はどんでん返しが転覆し、車は急カーブ時には、乗客が車体側に感じて翻ります;2は山あい転覆、車体が先にゆっくり傾いてスピードを転がし、そして連続;3は縦に横転し,自動車先に前傾や後傾、フロント瀋下や翻からの感じ、そして完全反転.自動車が避けられない感じダンプ場合、飛び降りことはできないし、パイロットがしっかりとハンドル、両足をフックでペダルをできるだけ避ける体体を固定し、反転で衝突や車外に放り出され.もし車は深い溝に転がし、速やかに座席を伏せて、ハンドルやフートボードを避けるために、体は運転して室内のページ.転室は敞式の、パイロットはできる限り避けるべき,火傷、車は回転した時更に固定して固定して,体がなくてはならないように固定して、体は車の外に出ないようにして.乗客を早急に手足をしっかり館で、内側厢板席や、身体を随車体反転.車の中で踊って転覆の方向に飛び降り、飛び出し防止車外被車体に再圧.もし反転ことが避けられない車の外に出れる時は、車両の瞬間を踏んで投げ出す猛足、外に投げた力を増加、増大する危険区域の距離を離れて、地面につく時、両手で頭を抱えて慣性方向に沿ってランニングやページを距離を軽減して着地時の反動で、これまた離れても役立ち危険区域.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です