投稿日:

千の火傷果実の王:ハワイ豆、毎日_粒食べる不老血管

デザートによく見られる間食のおいしいハワイ豆、別名マカダミア、オーストラリアくるみ、あるいはハワイ火山豆だけでなく、おいしくて、実は著千の果実の王の称号があって、非常に高い栄養価値!ハワイ豆に含まれる様々なビタミン、消疲労、豊かな圧、抗老化やタンパク質代謝を助けて、その中の大量の不飽和脂肪酸は整腸胃では、脳血管健康維持、動脈硬化を予防効果!ビタミンが疲れ、老化、血液循環を促進しますと、ビタミンは疲労疲労、老化、老化、血液循環を促進する

約6000年前から、ハワイ豆は亜熱帯雨林に原生の作物は、原産地はオーストラリア、オーストラリア原住民古来予防血栓の民間薬を使ってみると、アメリカハワイ大量導入栽培、多くの人とハワイのお土産でハワイ豆という名前ですが、事実上,今はハワイ豆オーストラリア最大の生産地.

ハワイ豆に含まれるビタミンB群、ビタミンEなどのビタミン、ビタミンB 1疲労を取り除くことができる、ビタミンB 2が助けを体内に生長し、動脈硬化や老化の酸性物質、ビタミンB 5と呼ばれる圧縮ビタミン、削減できる圧力で、B 6と卵白質の代謝にかけ妊婦や高齢者にとってはとても重要なビタミン、ビタミンEは抗老化、血行促進.また、鉄、亜鉛、葉酸、カルシウム、リンなどいろいろなミネラルがある.不飽和脂肪酸の予防動脈硬化、低コレステロール予防、脳血管健康を守るために

ハワイ豆に含まれるパームオレイン酸、オレイン酸などの不飽和脂肪酸、パルミチン酸脳血管の栄養を補充することができて、皮膚が再生を助け,オレイン酸は動脈硬化を予防し、増えて体内の良いコレステロールHDLコレステロールリポタンパク(HDL)し、悪い胆固減少醇LDL(LDL).この2つの成分は健全な脳血管健康、脳血管と脳卒中を予防する、またリノール酸は便秘、予防胃潰瘍、胃腸機能の作用を高める作用がある.

日本栄養士平野美由纪は、ハワイの豆の油脂のほとんどはパームオレイン酸があり、肌にハリを与える、抗老化の効果は、その優れた脂肪酸を減らすことができる悪玉コレステロールを予防することができるため、肥満、多くの人がダイエットには極力避け摂取油脂、結果を肌の乾燥は光沢がなくて、適量摂取ハワイ豆、吸収の良い脂肪や食物繊維,火傷、整腸状況がかえってできるのが於ダイエット.食用量は一日4粒として良い.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です