投稿日:

半生浮き草逝水に従って、火傷冷たい雨葬花宵

pは、この詩を使って題目をするべきではない、文章がナ蘭に及ぶから、雨についても、それを持ってきて!

土曜の夜遅く修理が、ご飯を食べているとき、窓を撃つ音聞こえたと聞き、夫は堅い粒雪?それとも大きな雨粒?そして、どの学校に行くかを決めて.私は傘をして歩いて、傘を運転するとこの両者の間ためらって、長い時間、最後に後者を選択しました!

に向かって

北へ歩いて行く!北風!風に吹かれた雨は羽毛服の裾を濡らして、このときの雨は霧雨ではないので,服につけても見える!持ち上がっ、ランプの光、私は雨の光の中に1つの線、斜め斜めに傾斜し、地面には、ほとばしる、水しぶき!道中の人通りも少ない、寒い夜には氷雨、誰が出てくるのか.

を経た十数分風雨の洗礼教室まで、教室でぶらぶらする時まで見て1人の女の子の機の上に本納蘭詞、そして私と手の一冊爪に先まで似る、私と:“私はどのように覚えていない私に本を貸した!」その考えはすぐ私に否定されて、その本はとても新しいですから!前の数日間、QQにQQには,火傷、メッセージのメッセージを思い出します:あなたは知っていますか?クラスの中のたくさんの学生はあなたの影響に影響を与えることが好きです!

pって、本当に何も知らずには知らずには!先日の3年の1人の学生は言います:“先生、とても長い時間は会わない、クラス中の女の子はますますあなたになりました!」本当にここを耳にして、胸がひそかに喜ぶ!学生に影響を与えて、本当にうれしいことです!

p>と<て詠んだ一宵雨葬花.夜来雨風雨風、花落ちはいくらになっても!風雨に花が落ち、しかし、詩には味がまったく違う!前者を思い出しうら悲しい︶ぅの李清照のことを思い出すのは、赤消香切れ誰憐の黛玉を思い出した、歴史上香消玉损の女子.しかし私はただ後者を見た夜風雨の後、地に落ちているの赤、黄、白の色とりどりの花、この雨は止んかもしれない,細い雨が花びらに花びら揺れ、上の水玉ゴロゴロ.出会いは言葉、花びらは春雨が.

p文字、とは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です