投稿日:

大学入試の火傷年

2013年19歳の私は1つの重要な“橋”に行ったことがある.この橋は先生と家族の言い方によって、私は一生にかかわる、私と私のクラスメートたちはそう思いません.逆に私たちは大学に合格して、どの大学よりも、私たちはついに解放の頭を持っている.私たちはまた、最後に最後の時間を大切に、成績は何の私たちはあまりにも重い、私たちは美術の勉強、成績の要求に対して非常に低い.勝手には普通の大学で、ありのままに言えば、私達は確かに文化授業が悪い.要するに私たちの高校はとても気楽に、どのみち大学入試のあの年は私の記憶の中で日は藍の深い、雲は薄い縹渺、風は吹ききれない……

昼すぎから日光を酔わせる、二階の窓を見ることができますちょうどの花園で出した颯颯音楽松涛.この位置では、小雨から校外が校外から帰ってくる姿を見て、夫婦のように、小雨の数年、何度ものキノコ頭を覚えました.

実はここで見て彼の髪は日光の下ではカラーはみかんを裂くようにただ墨色は食べた色素のようになったといえば雑毛へへへ、小雨の彼は私の高校の親友、人はいつも瀋黙で悶騒独特の息吹を持って、肌の色は完全に1つの東北男の独特の鍬黒で、背が高くないとでも人は非主流長は、総じて彼は女性にモテる.これは私に本当に悩みがあることをさせて、ほほほ.寂しさが暇には恨……やっと私の果てで、小雨のキノコの頭が私の視界に現れて.

例によって例の如しの肩にはやはりそのから買ったの半分は本当で半分はウソの宝adidasi真っ赤なパック、膨らんで、彼は言うのは本当に私は偽物とは、彼も私を持って仕方がない.両足を校外で裁縫屋からご分のズボン、私から見るように2本のバナナを乗せて食べ物が近付いてきたように、でもおかしいいくつか、私のこの少しぼうっとするカンフー彼は教室も黙って歩いてきて、そしてようにロボットのように繰り返し昨日繰り返したアクションを片付けて、本機のカバー、捨てて.

いいでしょう私のためにの昼ご飯はもう、我慢半分の学期、それはあなたが私の箸を持ってスプーンは理性の偽りの謙譲、しかし確かには遠慮のない自分の好物を食べて、ついに、最後の2つを口の中に入ればば脂身同士の口の中に流れる激流の肉油、他の生徒のために配慮を感じ、私達はとても丁寧なそっと後ろから雑貨屋とように機の上に遠慮のない2枚のティッシュを持って、1人1枚は、強く口に塗られた二で投げて地の上で……

いわゆる保温思淫欲はテーブルを片付けてから私個人の私生活に寝て、非情に寝て,火傷、甚だしくの寝て,私と天崩地陷何して寝、寝て,両手は機の下に垂れて、体を傾ける、顔をしっかり固定侧の機に、別の横顔させるとして十分の太陽ボード用には、全身快適度」を提供する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です