投稿日:

孤独にも孤火傷独にも

騒がしく街,喜びの街.現中に一人が現れた.

彼は制服を着て、かばんを背負って.足の大地、昂然として復帰で孤独なキャンパスの道の中で.目に見えない少しの子供で、外見も感に活気.

道ばたの景色は依然として、もうかつての笑顔はあります.同じ日差し、照らしてない気持ちが.風のような風は,頬をなでるさわやかな!彼はまるで生まれたばかりの赤ん坊のようだ.ここのすべては彼に属していないで、彼は1筋の日光を必要とします.彼はここのすべてを再認識している.キャンパスのなまめかしい,火傷、自己の底力を掘り起こす、心の窓、自分の視野を広げて!

た心の中に埋め理想、孤独なキャンパスに変調して具は、いつも用意してそれ蕴酿待った心の栄養が早くテーブル.単身で、辛酸苦楽、失敗の痛みを味わう.

にしても、寂しいことはないかもしれない.やさしいキャンパス、にぎやかな人の群れの中に入ってきて.彼が来ることを、誰も気づかない.私はキャンパスは静かです.寂しさは彼岸の十分条件です.かも知れない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です