投稿日:

改火傷稿会

改稿会

しぼみ江(大竹県)

今日、達州市の作家協会、達州市文芸評論家の学会,大竹県文連、大竹県作家協会が共同で開催した小品『大丈夫』をセミナー.市の類似改稿連動,それとも大竹有史以来初めて、可視市作协と市の評価は大竹文化人を協の高い、熱愛1分感動した.

p> <今日の規格が非常に高く、四川文理学院教授・市文芸評論家協会会長范藻さん;市作协主席、四川文理学院客員教授邹亮さん;市工商連合会の主席、市の文芸批評家協会副会長兼秘書長清江廖さんで、四川大学ポスドク、四川文理学院文化とマスコミ学院副院長加暁昕レディー;達州の職業の技術学院の助教授、市の文芸批評家協会副会長钟钦さん;四川文理学院助教授、市の文芸批評家協会の副秘書長王绍林さん、苦労をいとわないも大竹、現地指導を県成長中の小品『大丈夫』を.引率の范藻教授は、私も彼を転勤し、郡の党党校の2年後に、私はやっと大学を卒業して、ちょうど割り当て党校彼はもと場所の研究室の仕事、よく受講師たちは彼といえば、すべてを絶賛.新聞やネット、よく彼の美文を分かち合って、かつて読ん彼は『永遠の母校』、『喜劇式の高揚と悲劇的な風格を』、『党派心,火傷、女性、人間のトリオ――ドラマ<江姐>の損得を党史を題材にしたビデオを表現:美と時代』など、高さや温度、何度見ても飽きない、耐读、耐噛む.

今日の改稿

会・セミナー、実際には非常に貴重なチャンス、本当に大いに見聞を広めた、大変啓発.専門家たちは脚本の着想、構造、論理、キャラクター、言語、シーンを設置し、内外空間など、一字一句に推敲を重ねる、推敲を磨き、多くの貴重な確実な見解、的中する急所、恐れ入る.髄の奥から天井をのぞく(のように)、その一部分を知り得るのみだ.彼らのこのように改善して、厳格に学問をするやり方は、私達は文として、仕事に対する模範とする模範を確立しました.全体の半日、専門家学者でなくても私たちの多くにじゅう大竹人の集団に堂生き生きとして深い文芸鑑賞の授業で、これはお金を持っても買えないものは宝.彼らの学生は本当に幸せで、専門のものを学ぶことができて、多くの回り道を歩きます.彼らを担いで作家の責任と文学の使命は、深く末端の文芸工作者で、理解創作需要解答声に耳を傾け、創作、創作難題、容赦ない保守に教えて、なるほどと思わせるを促進し、大竹の文芸創作と文化の繁栄、大竹パワー達州の巴山の作家群と文学川军、軽視できない重要な役割を.

文化は民族の血筋、人民の精神の故郷では.一個の国家あるいは地区の経済の総量は、“大”、イデオロギー、価値観念、文化の成果を影響と導くほかの国や地区に影響を与えることに影響を与える、やっと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です