投稿日:

春節の火傷期間はしないのぼせ族(

して専門家の指導:
;杨力教授

の春節期間中に豪華な食事のぼせやすい.のぼせる族を拒、そよぎをそよぎというのはどうなのか.

p>に行く時<<胃火――オンデ内を掃除する
口臭

年末会食、饕餮の美食を引き起こしかね消化不良で、便秘、歯ぐきの腫れ、口臭などの症状.実はこれは全部胃火旺盛のせいだ.

毎日よく足を押すと、第に、さん跖骨結合部にへこみの庭穴、胃の熱い、鹿清化積はとても良い作用.もが漢方薬を買って来て部屋にお茶を浸して笹の葉、毎回さん~ごグラムは、胃火大きな役割を緩和する.毎日生食靑、大根、便秘の解消に効果があります、大便は通、胃火自然に消えた.

p <>清肺<被害に火の常に食べる時――
百合
止空せき

今年北方の第1度の雪が遅れて、その上天気が乾燥して、雾霾などを起こしやすく、最も人体の肺の火が旺盛で、それによって喉が乾き痛み、かっかとして咳をして、痰に血などの不快.ユリはよく熱を下げてのぼせを下げる、肺を潤すこと咳を止める作用、肺火が盛んな人が毎日多く食べて.食べ方が多く、百合の粥、蒸し百合、西芹ユリなどはすべて悪くない选択、血糖の正常な人は加点氷砂糖、肺を潤すことが効果的.

p <>降時<かんしゃく――泡杯

上品

年末買えない切符やに渋滯の時に、火傷、人々は焦るがち、怒って、頭痛、めまいなどの症状が口がからからに乾き、かんしゃくが旺盛による.

Pは菊茶という最も普通の習慣を軽視しないで、その時にキクの茶を飲んで、たいへん重んじて.お茶を楽しんで、しかし一つじっと心を静めてたいへん上品な事も、散風を下げて、败敗癇癪.菊の花が風散熱を下げて、サン明目、解毒作用消炎など、泡のときは、緑茶や蜂蜜を適切に加え、より効果が.また、さらに多く食べて緑黄色野菜や新鮮な果物、のぼせを下げましょう.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です