投稿日:

毒奶粉奶粉:多少の火傷悲劇があれ、どれだけの悲劇があるか

最近毒粉ミルクの還流の市場のニュース、2008年にはメラミンの毒粉ミルクをくわえて完全に廃棄することはありません!いくつかの地方を摘発した上海パンダ練乳、陝西金橋粉乳、山東省緑のなんじの中国純牛乳,火傷、遼寧省大氷菓バナナアイスクリーム、河北果樹園のアイスキャンデーなど多くの牛乳メラミン事件から基準を超える.この粉ミルクは08年未処分の毒ミルクとして原料として、頭を変えて、前に出てきて売っていました.これでやっと人に夢から覚めたように、三鹿投下,あと数は、三鹿立ち上がって!驚心:じゅう万トンの孤児粉ミルクが決してデマも、伝説ではない.毒ミルクは全国の範囲内再燃に関連部門の実証を得ている.今日に至るまで、衛生部に3種類の毒粉ミルクが流入して広州市場に流入して.つまり,メラミンの粉ミルクは含まれていないということですが.広州市乳協会理事長を与えた肯定的答案:2008年の事件の中で殘した毒ミルクがきっとある!どうしてこれらの粉ミルクは依然として廃棄されていませんか?王丁棉言って、これらの可能性はディーラーの手に余物と、毒ミルク事件後に破壊を求めてた.この予測、私達のこれらの「真相を囲む大衆計算して下りてきて、市場の上である可能性が非常に高いじゅう万トン毒粉ミルクに皆さんを.腹黒い:利益の下に必ず勇敢に明らかに、この行為は法を犯したの、ディーラーわからないこの道理がありますか?論点は少し目を掩うて雀を捕うばつが悪い.毒ミルク重出江湖、社会は騒然となる、利益の下に危ない綱渡りをするこれは決して偶然ではない!思い出は近年、米、毒毒毒毒醤油、キムチ、豚肉、毒毒毒平目、歯磨き粉、長揚げパン、スーダンと登場する、当初からの衝撃は、怒りの最後の癩者の瘡恨み、庶民にも何か?マルクスは『資本論』によると、資本家が50%の利益が危ない橋を渡る;危ない綱渡りをする、100パーセントの利益を大胆に全ての法律を踏みにじる人間、パーセントの利益を大胆に300絞首台の危険を冒して.これらの毒食品の背後の利益を、もったいないと彼らを?毒ミルクは誰からもらった金はないけど、売って財源もくもく、何で誠実な商人になるの?アメリカ人はキリスト、インド人は仏祖にひれ伏す、中国人は何かを信じて春の春は伝説だ、お金こそ真理だ!痛心:食品の安全はまたいくら信用を殘?一年余り前、膨大な三鹿製品企業が瞬時に轟然て倒れているのは中国乳業究めの境界.しばらく前の報道によると中国乳が徐々に回復してといえば早い.毒ミルク還流という歴史遺留問題は、ビジネスマンのがめついや関係部門の監督が不足している.食品の安全はまたいくら信用を殘?これは人を心配させない.この命を無視する行為が乏しい最低の誠実と信用、投顧問研究ディレクター张砚霖指摘した場合、安全で何度も問題が出現して、これによって乳業の発展速度が減速.但願の関連部門にとって事件の真相が一回の徹底的な大白.食品業界の信用とは.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です