火傷種類とそれぞれの原因

熱傷/やけどの原因は年齢や環境、仕事などによってさまざまです。

温熱やけど
熱湯や火炎など、熱いものに触れた場合の火傷です。
主婦に多い熱傷/やけどは、料理中に揚げ物をしていて、油がはねて腕や顔に傷を負ったり、また誤ってやかんやポットの湯をこぼして体にかけてしまうことなどが挙げられます。そのほか、媚薬夏場に花火をしていて花火の火が衣服に燃え移りやけどを負うことなどが挙げられます。

低温やけど
45℃以下の物質に長時間触れていることでなる火傷です。
自覚症状が少ないために、物質に長時間触れていることが多く、傷が深くなる傾向があります。

電気やけど
雷や電流に触れた場合に生じるやけどです。

化学やけど
酸やアルカリといった化学物質によって起こるやけどのことです。

放射線やけど
日焼けした場合、放射線を浴びたりした場合。
夏に日焼けのし過ぎで火傷のような症状が出た場合はこれに当てはまります早漏

日常生活で起こしてしまう火傷の症状のほとんどは温熱やけどと考えられています。