投稿日:

白内障「見つめ火傷」若い人

昨日は第十個から全国爱眼日、北京同仁病院、中日友好病院などの13の病院の眼科専門家を20名で西潞园房山区団地を市民を眼病コンサルティング.同仁医院白内障センター主任朱思泉教授は紹介して、近年の臨床調査を見ると、白内障はもはや高齢者の特許,発病する傾向が若い化、最年少の白内障の患者だけさんじゅう歳.現在は我が国トップ白内障致盲眼病、65歳以上の人の群れの中で白内障の罹患率は60%.50歳以上の中高年は機体が徐々に老化し、ほとんど白内障、過去を老年性白内障と呼んでいる.現在,若い人は仕事のプレッシャーが大きいため、長期にコンピュータの前で前に、携帯電話を使って、白内障の発症は若い化の傾向に現れた.朱思泉は、現在の白内障の発症年齢35歳まで下がって、過去をごじゅう歳ぐらい.朱思泉は記者に教えて、白内障の早期症状は視力が低下するだけでなく、視界は小さくなって、立体視が悪くなり、見分ける能力の低下、色が収差、閲読速度低下や目の適応能力の低下なども可能性白内障の初期症状.症状が現れたら病院で受診、診断をして、早く手術をしてはならないと提案してますが、私たちは早く手術をしてはならないと提案してます.朱思泉と言って、伝統的な考え方では長熟白内障の手術と才能が,火傷、顕微鏡手術中にの応用及び成熟した手術技巧、より早く手術患者へのトラウマが小さいほど、「一般的には、初期の軽度の白内障の患者の手術時間はに~さん分ぐらい.加えて、専門家は市民、特に中の若い人、紫外線の強い屋外活動時はサングラスをかけて、赤いレンズのサングラスを着用しないでください.その次、携帯電話の電話の電話の時に先に投入キーを押して、再び携帯電話の着信を取り上げて、あるいは直接イヤホンをして、目の健康に影響を与えることを避けるために目の健康を影響します.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です