投稿日:

私の火傷物語を聞いてくれて

私は普通に通じる子供です.

私は小学校六年の寵愛を一身にあつめるの良い学生は、当時の校長が面と向かってほめられると、しかし私が中学校に入学した後,このな行動のクラスで、私は探し出せない自分が小学校の時のその人の注目を感じ.第一月回月のテストを受ける時、私も小学校はずっと全校第一私は意外にもこのクラスで入っただけに三十名、当時私は家を大いに泣いたけど、他人の前で私も入れて,火傷、気にしない日が多いように疲れて.中間テストまで、私が数十名、私は散々がんばった一年、しかしは何にもアップして、その時、もう冷め、私だけでないのは自分の成績は冷めない報われる,そして先生も関心を持たない私、彼は彼女にしか関心あれらの親をおひねり子供.それから私はよく勉強しないで、私は自分が更に努力することができなくて仕返しを得ることができなくて、私は自分がもっと多いげっそりを見て、しかし今私は努力があることを始めます.努力さえすれば報われると信じてるから.

私は2年前に、私はずっと両親の目の良い子、しかし今彼らは私の同じに発見して、彼らも頑張って私を啓発して、ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です