投稿日:

秋養生小常識老人養生の火傷健康養生法

秋の初め、夏の終わりの初秋初秋の移行の季節、天気もある程度波動て、時には雨が降って、時には、時に秋の夜遅くなって、午後また人は夏の暑さはまだ離れない.老人の養生の飲食のヒント、多くの老人はよく口にします、つばがなくて,火傷、唾液はまばらです.医学上では生理的に口の中でと称して、これは老人の口腔腺の腺のしぼん、唾液分泌が減少します.専門家は、上記の症状を変えたく、以下の方面から入手可能とする専門家は指摘している.

p>食干稀<食事の時にできるだけ多く結合:スープにスープの水、塩注意すべきではない、辛い食べ物を避ける.

サンザシの新鮮な野菜:サンザシ、キウイ、キウイ、イチゴなど、すべて豊富な粗繊維,咀嚼の過程で、唾液分泌を刺激することができます.胃病や胃酸分泌過多の老人は採用しないと提案されている.

口噛みクコ:クコ性味の甘平、肝臓の腎臓、益を精明目、を鎮めて唾液の分泌を促進して,口を緩和して一定の効果があり.毎日朝から寝る前、お年寄りは約10グラムのクコ、10~30グラムの新鮮なクコを水のソテー服を飲むことができて.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です