投稿日:

腎臓がびくびくしたらどうする火傷?気軽に養腎臓小方法

みんなに推薦はち招き猫の保健のマッサージ、楽はち保護護汚れを養腎臓.いち、握って固方法:親指を手のひらで、指先は薬指(第四指)の根元、そして屈撓殘り4、少し強く、親指握牢などを集めて宝物のように.握神は体内に固守て、ふだん歩いて、車に乗って、チャット、テレビを見る時はすべて握ってもいいです.に、足でかかとが揺れる方法:でかかとに5足の指のグリップ、両足を閉じ、提肛腹,肩に瀋下して、プロジェクトの縦脊髄、百会に領;下に揺れる足体をリラックスして、そっと歯ぎしり、先にゆっくり行方半分、そして地面軽震.かかとを持ってをつないでいい腰背脚の膀胱腎臓、軽震地面はマッサージ五臓六腑.3、かかとの腱の歩き方の方法:歩いて大股、かかと先は先に、ひざを曲げないでください.足を前に邁と、爪先はキックして、前脚は着地する時、後ろ足の爪先爪先した.かかとが先に、実際には「腎臓ツボを刺激した.この方式でよく使われて、骨粗しょう症予防.よんしよ、腎臓のつぼマッサージ方法:足を座ってなく、両手のひらを手のひらにまで発熱、別に背中で腰にマッサージ腰背腎経穴の、少なくとも熱感まで.朝晩各一回、それぞれ約200回をそれぞれに、どのようにしても良いです.ご、三元式站桩方法:両足に分かれ、肩の広さと同じ、両手を体の両側には腹ひと抱え前と同じ位置臍高く、両腕を丸くします;同時両ひざを軽く曲げて、両ひざ関節に重心を瀋め、両側に開く.背中をくわえなければ少し弓形、胸、背中を後ろに腰背部、ややアーチ、こめかみ穴を開ける.この前後、左右、上下が丸くて,火傷、全体の人は十分に円融.これは1つの利点の元気の基本站桩法.よく腎臓の元の体を、筋骨することができます.ろく、熱の泡の足足を浸す方法:最適な時間は毎晩7-9時、これは腎臓血気最も必衰の時、この時の足マッサージを改善することができて、全身の血液循環に達し、滋養腎臓や肝の目的.足湯用の容器を湯桶.足湯水、熱がない;40℃ぐらいで宜.足を浸す時間長すぎるべきでなくて、15 – 30分を目安に.7、深呼吸方法:深呼吸時に空気の清新な環境を選択して、できるだけ鼻で吸気して.呼吸は穏やかで、ゆっくりと,均一で、深長.6度深呼吸を一組にして.そして調整をして、また.はち衝突背方法:『黄帝内経』に記述がある、腎は長患い者、寅南に向かって身をリラックスして、体を仰いで壁全体だ背中、衝突を借り、適度に衝突の反力が体に回復直立して、このように繰り返して、毎回衝突さんじゅうぐらい、毎日できる2 – 3度.この強壮腎臓、疎通経絡、血気、空洞陰陽循の行.保養腎臓の美食:腎臓を補って最初の宝物:当帰され血瘀貧血によるの月経不順、生理痛、産後腹痛.トウキは子宮の作用によって子宮の機能状態にかかって、双方向調節作用をしている.慢性腎臓機能不全による腎臓性貧血.当帰ヤクモソウ卵:当帰さんじゅうグラム、ヤクモソウごじゅうグラム、煮.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です