投稿日:

鍼灸も補と潟を火傷重んじます

補や下痢、中医学の施治の原則.寒者熱、暑い者寒しと、これは正治の常法だ.多くの人は思って、あるいは潟だけ補って薬物治療の法則、実は、鍼灸治療薬と採用の方法は異なるが、施治は一緻の原則.鍼灸に施用補潟手法の基準が明確な証に応じた治療に建設しなければならないことを前提として、この準則を抽象的に相談して下痢を、現実的ではありません.鍼灸は1種の治療の手段で、疾病は全治方向転換の重要な外在の要素に転化することを促して.しかし、虚潟実の治療目的を達成し、臓腑のガス化機能(内因)を通じて.だから、合理的な補潟手法によって、病状を除いて、体質、年齢、情志,気候、環境などの要素のほか、さらに注意補虚潟実の原則と当面の病状が有機的に結びついていて.証明書、または潟刺法があります(過剰な手法)あるいは間に合わない(不量的な手法)、効果が悪くて、病状が悪化することを招いて、病状が悪化する、このような事例は図ろのです.鍼灸は針の針の手法を通じて虚潟の目的の目的に達した.灵枢& middot;九针12元虚実の、九针最もみごとで、補潟の時は、針をの.補法を指すが、鼓舞人体正気低下の機能を回復させ、旺盛な方法、泻法を指すが、過疎潟病邪を亢進の機能を回復正常の方法.古代の医学の家は長期の医療実踐の中で、創造とまとめました多くの針を補って潟手法.補法に各種虚弱症.撚り回転角度が小さくて、力を入れて軽く、週波数が遅くて、時間が短くて、親指人差し指を前に、ある時はまず、挿し深い淺後、重を軽くで、幅は小さくて、週波数が遅くて、時間が短くて,火傷、以下を主とする;遅い進針針針の先に、早く;経絡循いい方向に沿って経て患者の呼気を刺します;に針、息を吸う時出出た後に閉じ針針;ピンホール.患者の治療法の針を行う時に注意する必要がある.泻法に各種の実証.撚り回転角度大、大きく重くて、週波数が速い、時間は長く、親指人差し指を前に、後ろで深い淺い時先に後、光を取り上げ、幅が大きい、週波数が速い,時間は長く、以上で主とする;進針速くて針針は遅いです;経絡循いい方向に向かって、逆经で刺;患者の呼気時に針、息を吸う時進針針に押す必要がないです.目を閉じてピンホール、大きなピンホール.これらの操作手法は実証的患者にとても良い効果があります.また二種類の特殊な複式補潟方法–焼き天火のと身にしみるほど冷たいので、操作が複雑での臨床応用が少ない.また、虚実があまりにも虚実併せ持つの病気証明、臨床的には平に潟潟、針灸を使用して、均一にして、均一に挿とする手法を使用することができます.特殊な状況下(昏睡状態など)、患者は治療にはならない、作業者は入念に観察することを観察する必要がある、治療効果を主にする.まさに灵枢& middot;小針解第3』によると、「虚と実、もし失なければ、言補者は必ずがあるなら所得も、潟ははっといるも.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です